メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『ヨイ豊』梶よう子・著

◆『ヨイ豊』梶よう子・著(講談社/税抜き1800円)

 最悪の事態こそ、最高の舞台だ。

 汚泥に深紅の花を咲かせ、漆黒の闇に一筋の光をみちびきいれる。起伏を糧とする物語が躍動し、暗いかがやきをはなつ、反転の瞬間である。が、これをつくりだすのはじつにむずかしい。文学的腕力はもとより、明確な思想、世界観が求められる。そして、くりかえしはきかない。

 梶よう子は本作品『ヨイ豊』で、そんな一回きりの実現をみごとにはたした。しかもその実現が、江戸最後の浮世絵師ともいうべき、四代目歌川豊国(清太郎)の苦難と悦(よろこ)びの生涯をふまえることで、作者みずからの「表現」へのつよい思いの表出となっている。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです