メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯田市立動物園

北欧産のライチョウ飼育へ 「日本産」保全につなげたい /長野

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されているニホンライチョウの保護に役立てようと、飯田市立動物園は来年1月から近縁種の「スバールバルライチョウ」の飼育に取り組む。南アルプスはニホンライチョウ生息地の南限で近年個体数が減少しており、同動物園は生態を研究して保全につなげたい考えだ。一般公開も予定している。【湯浅聖一】

 ニホンライチョウはかつて南北中央アルプスに生息していたが、キツネやテンなどの捕食動物の増加や、ニホ…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです