メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・宮崎議員

「1カ月の育児休暇を」希望を党に

宮崎謙介衆院議員=富永浩三撮影

 自民党の宮崎謙介衆院議員(34)が、子供が生まれた後に1カ月程度の育児休暇を取りたいという希望を党に伝えた。衆院規則には育児休暇の規定がないため、当面は本会議の開催日ごとに欠席届を出す見通し。宮崎氏は「規定を設けるよう提案していく」と語っている。

 宮崎氏は人材育成会社社長を経て、衆院京都3区から当選2回。同党の金子恵美衆院議員(37)と結婚し、来年2月中旬に第1子が誕生する予定だ。

 衆院事務局によると、出産の場合は自分で期間を決めて欠席できるが、男性議員が育児のために一定期間、国…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです