自民・宮崎議員

「1カ月の育児休暇を」希望を党に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宮崎謙介衆院議員=富永浩三撮影
宮崎謙介衆院議員=富永浩三撮影

 自民党の宮崎謙介衆院議員(34)が、子供が生まれた後に1カ月程度の育児休暇を取りたいという希望を党に伝えた。衆院規則には育児休暇の規定がないため、当面は本会議の開催日ごとに欠席届を出す見通し。宮崎氏は「規定を設けるよう提案していく」と語っている。

 宮崎氏は人材育成会社社長を経て、衆院京都3区から当選2回。同党の金子恵美衆院議員(37)と結婚し、来年2月中旬に第1子が誕生する予定だ。

 衆院事務局によると、出産の場合は自分で期間を決めて欠席できるが、男性議員が育児のために一定期間、国会を欠席した例はないという。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集