メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三井住友信託銀

ダイナース、2020年には100万枚に

 三井住友信託銀行が米シティグループの日本のクレジットカード事業を買収した。その狙いや今後の経営戦略について常陰均社長に聞いた。【聞き手・土屋渓】

 −−今月、買収手続きが完了し、新会社「三井住友トラストクラブ」を設立しました。

 ◆シティから買ったクレジットカード事業の中身はダイナースクラブがほとんどで、約70万人の会員は40〜50代が中心。医者や弁護士、企業経営者など高収入で消費も旺盛な人が多い。一方、当社の顧客は60歳以上の退職者や地主が過半を占め、株などの資産を保有する人が多い。ダイナースクラブの会員はこうした顧客層とは似て非なるお客さま。買収によって、新たな顧客基盤を獲得できた。ダイナースは会員サービスが充実しており、新たな顧客開拓の大きな武器にもなる。

 −−本業の信託分野にも相乗効果が期待できますか。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです