社説

新国立競技場 やっと出発点に立てた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 整備計画が白紙撤回された新国立競技場が明治神宮外苑という緑豊かな周辺環境に配慮した「木と緑のスタジアム」として整備されることになった。迷走した競技場建設は2020年東京五輪・パラリンピックに向け、ようやく出発点に立った。

 コスト削減と工期短縮に重点を置いた審査を経て採用されたのは歌舞伎座を設計したことでも知られる建築家の隈研吾氏と大成建設、梓設計のグループが提出した設計・施工案だ。観客の見やすさを重視した3層構造のスタンドで、屋根は木材と鉄骨を組み合わせた。ひさしは法隆寺の五重塔の垂木を想起させるなど「日本らしさ」をちりばめたデザインになっている。風致地区に指定されている神宮外苑にふさわしいスタジアムとなることを期待したい。

 総工費は1490億円。来年12月に着工し、19年11月末の完成を目指す。翌年の本番を想定したテストイベントなどを実施するために、これ以上の遅れは許されない。国民の信頼と信用を取り戻すためにも進行状況を定期的に公表してほしい。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1069文字)

あわせて読みたい

注目の特集