メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/99=葉室麟 中川学・画

 寛永八年(一六三一)春、津軽信枚の嫡男信義(平蔵)が異母弟の信英(のぶふさ)(万吉)とともに江戸城で将軍徳川家光に拝謁した。

 この年、一月、信枚が四十六歳の若さで病没した。

 このため信義が家督を継ぐことになったのだ。信義は十三歳、信英は十二歳である。

 家督を継いで初のお目見えとなる信義は烏帽子(えぼし)、直垂(ひたたれ)姿で緊張しながらも、

「ご尊顔を拝し奉り、恐悦至極にございます」

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです