メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/99=葉室麟 中川学・画

七(13)

 寛永八年(一六三一)春、津軽信枚の嫡男信義(平蔵)が異母弟の信英(のぶふさ)(万吉)とともに江戸城で将軍徳川家光に拝謁した。

 この年、一月、信枚が四十六歳の若さで病没した。

 このため信義が家督を継ぐことになったのだ。信義は十三歳、信英は十二歳である。

 家督を継いで初のお目見えとなる信義は烏帽子(えぼし)、直垂(ひたたれ)姿で緊張しながらも、

「ご尊顔を拝し奉り、恐悦至極にございます」

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文840文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです