メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

風邪の常識再点検 治せるのは自分の免疫力

覚えておきたい風邪の知識

 暖冬というものの、さすがに冷え込みが厳しくなってきた日本列島。風邪をひく人も増えている。風邪は誰もがかかる病気だが、世間に広まる治療法や予防法には間違いや、時代遅れのものが少なくない。本格的な流行期を前に「風邪の常識」を再点検してみた。【小林祥晃】

冷えなければ入浴も可/長期間のストレス大敵/薬で抑えるより休養を

 風邪をひいた時、皆さんは早く治すためにどんなことをしているだろうか。尋ねると「汗をかけば熱が早く下がるので、厚着して寝る」(40代公務員)、「お風呂に入らない」(30代主婦)などの答えが返ってきた。なるほど、いずれも悪くない気がする。私(記者)自身は「ひき始めに薬を飲めば治りが早い」と信じているが……。

 東京都内で医院を経営し、テレビ出演も多い医学博士の米山公啓さんに尋ねると「どれも間違い」という。「…

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  3. 植松被告接見一問一答(初回~8回目)「本当に申し訳ありませんでした」「死ぬのは怖い」「事件前に大麻」

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです