メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
畠山丑雄さん

文芸賞受賞の京大生 書くことと読むことは同じ

現役京大生作家の畠山丑雄さん=棚部秀行撮影

 今年の文芸賞受賞作『地の底の記憶』が河出書房新社から刊行された。著者は現役京大生の畠山丑雄(うしお)さん(23)。大学入学後、本格的に小説を読み始め、同時に書き始めた。入試で出題された小説を読み、可能性を感じたという。「書くことと読むことはセットだという考えがありました。受賞を聞いたときにはうれしかった」と語った。

 受賞作は、日本海側の架空の土地、宇津茂平(うづもひら)の歴史100年を描き切った力作。かつて鉱物資…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです