メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くろばね朝市

27日最後に休止 再開願い、楽しもう 水戸協同病院の病棟建設で /茨城

住民の交流の場になっているくろばね朝市=水戸市宮町で

 水戸市中心部で毎月第4日曜日に開催されてきた「くろばね朝市」が、27日を最後に休止される。会場の水戸協同病院駐車場(同市宮町3)が新病棟建設工事で使えなくなるため。参加者からは「中心部からにぎやかな声が消えるのは寂しい」と惜しむ声が上がっている。【玉腰美那子】

 朝市はJR水戸駅から北西約600メートルの「くろばね通り」周辺36商店で構成する「くろばね商店会」が2003年10月、中心街の活性化を目指してスタート。焼き鳥や焼きそばなどの飲食店のほか、県畜連の肉の直売や同病院の無料健康診断など商店会以外のブースも並ぶ。飲食スペースは住民らが酒を酌み交わして交流を深める場となっており、普段は静かな日曜日が様変わりする。

 病院は老朽化が進み、東日本大震災では現在の病棟の壁や天井の一部が崩れた。このため朝市会場にもなっている駐車場に、9階建ての新病棟の建設を計画。16年4月に着工し、18年夏の完成を予定している。これに伴い、朝市も第116回でいったん終了する。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです