メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京地裁

痴漢で勾留、原則認めず 「解雇の恐れ」考慮

 捜査段階で容疑者の拘束を解く裁判所の判断が急増していることが明らかになった。行き過ぎた拘束を見直す意識の高まりが背景にあり、東京地裁では痴漢事件の勾留請求を原則認めない運用が定着している。長期の拘束が社会生活に与える影響を考慮した判断で、弁護士らは冤罪(えんざい)の防止につながることを期待している。【山下俊輔】

 昨年9月、混雑するJRの電車内で乗客の体を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで逮捕…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  5. 鹿児島・奄美 外来種のマングース、20年かけ1%以下に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです