メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

進化する自動音声翻訳 会話文丸暗記と確率計算で精度向上

 訪日外国人観光客の増加や2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、自動音声翻訳の研究開発が進んでいる。既に誰でも使えるスマートフォン用のアプリも登場した。どんな仕組みで、どれだけすらすら翻訳できるのだろうか。【久野華代】

 実用化しているのは、日本語で話しかけると滑らかな発音で翻訳してくれる旅行者向けの多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」。英語や中国語のほか、文字入力が必要な言語も含めれば29カ国語に対応する。

 開発した情報通信研究機構(NICT)の隅田英一郎・多言語翻訳研究室長によると、ボイストラは各言語の…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです