メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

33歳嘉風、10年かけ関脇「大関に自信」

発表された大相撲初場所の番付表に関脇としてある自分の名を笑顔で指し示す嘉風=東京都江東区の尾車部屋で2015年12月24日午前9時26分、山本晋撮影

 東京都江東区の尾車部屋で記者会見した嘉風は「大関になる準備期間を与えられた番付。33歳で目指しても悪くない。自信はある」と意気込んだ。

 昨年秋場所に歴代最年長35歳2カ月で昇進した豪風に次ぐ新関脇のスロー昇進。新入幕から10年かかったが最近の活躍は目覚ましい。3月に33歳になった後、5月の夏場所から9月の秋場所まで幕内で3場所連続2桁勝利。「20代より強い」と自負し、小結に復帰して迎えた11月の九州場所は、横綱・鶴竜、大関…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  4. 米のデシャンボーがメジャー初V 松山英樹は17位 全米オープン

  5. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです