メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
にいがた記者日記

年末ワイド版/6 柏崎刈羽原発、事故時の避難対策=高木昭午 /新潟

東京電力が開いた柏崎刈羽原発に関する住民説明会。熱心にメモを取る住民らの姿も見られた=刈羽村農村環境改善センターで

被ばく量想定どこまで

 どこまでの被ばく量を想定して、避難対策を考えればよいのか。県と東京電力が16日に発表した、柏崎刈羽原発6号機で事故が起きた場合の周辺被ばく量の試算を見て、悩み続けている。

 東電は、放射性物質の放出状況を5通り想定した。被ばくが最少で済むのは「放射性物質を減らすフィルターを通し」かつ「原発事故発生から38時間後」に放出する場合だ。この場合、原発の敷地境界近くでの放出後3日間の累積被ばく量は、天候が良ければ6・8ミリシーベルト、悪いと170ミリシーベルトと試算された。

 だが、避難計画で好天を当てにはできない。少なくとも170ミリシーベルトは考慮に入れざるを得ないだろ…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1285文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです