メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多の中1女子死亡

柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡

 今年5月、博多区の市立中学校で柔道部1年の女子生徒(当時13歳)が練習中に「大外刈り」をかけられ、頭を打って死亡した事故について、専門家による第三者委員会(委員長=橋爪誠・九州大大学院教授)は24日、報告書をまとめた。事故原因は「複合的」としたが、「大外刈りを用いての受け身の練習は時期尚早の可能性があった」と指摘した。

 第三者委は原因究明と再発防止を目的に市教委が設置。医師や弁護士、柔道経験者ら専門家5人が7月から計…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです