国勢調査

福島県、震災前から人口11万人減 4町でゼロ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 福島県は25日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後に初めて実施された2015年国勢調査の速報値(10月1日現在)を発表した。県人口は191万3606人で、10年の前回202万9064人から11万5458人(5.7%)減り、過去最大の減少幅を記録。戦後最少となった。県は少子高齢化に加え、原発事故による県外避難が原因とみている。全域が避難指示区域になっている大熊、双葉、富岡、浪江の4町で人口がゼロになった。

 男女別にみると、女性は96万8639人で前回から7万5743人(7.3%)減と大きく減少する一方、男性は94万4967人で同3万9715人(4.0%)減にとどまった。男女の減少幅に差が出た要因について県は「放射線の影響を心配し、夫を残して母子で県外避難するケースがまだ多いこと、除染など復興関連事業で男性作業員が多数流入したこと」を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文955文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集