メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
脳脊髄液減少症

「健康保険で治療を」署名17万人分提出

署名簿を塩崎恭久厚生労働相(左)に手渡す脳脊髄液減少症の大平千秋さん(左から2人目)=東京・霞が関で2015年12月24日午後3時3分、竹内幹撮影

患者や家族ら塩崎厚労相に

 宮城県富谷町で開業している内科医の大平千秋さん(66)が24日、脳脊髄(せきずい)液減少症の患者や家族25人と共に東京・霞が関の厚生労働省を訪れ、健康保険で治療を受けられるようになることを求める署名17万人余分を塩崎恭久厚労相に渡した。「自分と同じように、この病気と分からぬまま地獄のような苦しみに耐えている人たちがいる。この病気の存在を広く知ってもらいたい」。そんな思いを込めた。

 1997年秋、ゴルフ場に向かってハンドルを握っていた。駐車場の出口でブレーキを踏んだ直後、ゴルフ仲…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1074文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです