メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化血研

業務停止処分へ 未承認血液製剤で厚労省

 一般財団法人「化学及(および)血清療法研究所」(化血研、熊本市)が40年以上にわたり国が承認していない方法で血液製剤を製造していた問題で、厚生労働省は年明けにも、化血研に対して医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき業務停止処分を出す方針を固めた。厚労省は化血研の弁明を聞いた上で正式に処分する。停止期間は数カ月になる可能性もある。

 厚労省は今年5月以降、3回にわたって化血研に立ち入り検査を実施し、不正製造の実態や国の査察をごまか…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです