東京ガス

東電より割安のケースも…家庭向け新電力料金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京ガスは24日、2016年4月から始まる家庭向け電力小売り自由化に向けた料金プランを発表した。「電力使用量がおおむね月300キロワット時を上回る世帯で、東京電力の一般的な現行料金より安くなる」(東ガス)という。電力消費が多い家庭の取り込みを狙い、16年1月4日から首都圏で受け付けを始める。

 東ガスの料金プランは、使用量が増えるほど、東電の一般家庭向け料金よりも割安になる仕組みにした。ガスと…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集