メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/101=葉室麟 中川学・画

七(15)

 大道寺家はもともと小田原北条氏に仕えた重臣の家柄だった。豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏は亡び、直英の養父政繁(まさしげ)も自害して果てた。この際、徳川家康が北条氏直らの助命を嘆願、直英は氏直らとともに徳川家の預かり人となった。

 その後、直英は家康の九男、徳川義直の家中にいたが大坂の陣の際に、津軽信枚と出会ったのだ。信枚は直英に築城の才があることを知って義直から譲り受けて津軽家の家臣としたのである。

 直英は、かつて徳川家に仕えただけに、信枚が没すると、津軽家に未練はなく、徳川の血を引く直秀を擁して…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです