メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
We・走る

みんなの初めてラン♪〜プロが教える走りの秘密〜 鎮痛剤ラン、やめよう 腎不全の危険高まる /東京

ドクターランナーとして大会に参加する奥井先生

 今季も幾つかの大会に参加したランナーが多いと思うが、本番までの調整がうまくいけばいいものの、無理がたたってけがによる痛みを抱えながら臨まなければならない人もいると思う。それでも記録や完走を狙おうと、奥の手として痛み止めを飲んで走るケースが見受けられるが、大変危険な行為とドクターは警鐘を鳴らす。

 マラソン大会中にけがをしたり、病気になったりした参加者を助けるドクターランナーとして、各地の大会に献身的に参加する神奈川県横須賀市の泌尿器科クリニック院長、奥井識仁先生(50)は、ライフワークとして「ホルモンと走り」についての研究を続けており、ランニングやウオーキングに関する著書も多い。

 そんな奥井先生が、ランナーの様子を見ながらコースを走っているときに違和感を覚えるのは、給水所などで…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです