メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

来年の今ごろは…「最後の師走」に悲喜こもごも

早朝から熱気のある競りのかけ声が響く築地青果市場=東京都中央区で2015年12月17日午前7時、後藤由耶撮影

小型車「ターレー」1000台以上の引っ越しパレード案も

 来秋に移転する東京都中央卸売市場「築地市場」(東京都中央区)が「最後の師走」を迎えている。市場の人々は普段と変わらぬ表情に見えるが、胸の内は悲喜こもごも。場内で品物を運ぶ小型車「ターレー」1000台以上が引っ越しのパレードをする案も浮上しているが、通行を巡りハードルも。具体化に向け、水面下の“競り合い”が始まっている。

 午前7時、底冷えする青果部の競り場で鐘が鳴った。「皆様、おはようございます」。放送が流れ、競りが始まると、仲卸業者らが値段を指で示し、競り人が読み上げていく。ネギや白菜などの野菜が次々と競り落とされた。威勢の良いかけ声が響き渡る場内は熱気があふれるが、築地でその姿が見られる年の瀬も今年が最後。1935年2月に開場した築地市場は、2016年11月7日に豊洲市場(江東区豊洲)に移る。

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです