精神疾患

うつ病など休職教員5045人 続く高止まり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
精神疾患で休職した公立学校の教員数
精神疾患で休職した公立学校の教員数

14年度公立学校 背景に改善されない教員の多忙感

 2014年度にうつ病などの精神疾患で休職した全国の公立学校の教員が5045人(全教員の0.55%)に上ることが、文部科学省の調査で分かった。20年ほど前から増加し、07年度以降5000人前後で高止まりが続く。学校関係者は「教員数を増やすことが不可欠だ」と訴えている。

 精神疾患による休職は本人や家族はもちろん、学校にも影響を与えるため、自治体はメンタルヘルスケアのプログラムを設けるなど復職支援を進めている。

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1516文字)

あわせて読みたい

注目の特集