メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市長

5歳児の保育料無償、16年度から 施政方針

 大阪市の吉村洋文市長は25日、市議会本会議で施政方針演説をし、「全ての子どもが等しく教育、医療を受けられる無償化都市を目指す」と宣言した。5歳児の幼稚園・保育所の保育料を2016年度から無償化する方針。17年度以降に対象年齢を拡大し、任期中に3、4歳児も無償とする考えだ。全国で無償としている自治体はあるが、大都市では異例とみられる。

 吉村氏は市議会で「親の経済格差が子どもの教育格差につながることがあってはならない」と主張。大阪府が…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです