メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

男性の育児休暇 国会議員こそ率先して

 自民党の宮崎謙介衆院議員(34)が育児休暇を取るという。国会には出産休暇についての規則はあるが、育休はなく、男性議員の育休は初めてだ。党内外の重鎮からは批判的な意見が聞かれるが、子育て支援や少子化対策は安倍政権の重要政策だ。男性議員の育休を応援したい。

 宮崎議員は自民党の金子恵美衆院議員(37)と結婚し来年2月に初めての子どもが生まれる予定だ。出産後は妻の金子議員が約3カ月間、宮崎議員が1〜2カ月間の育休を取るという。宮崎議員は本会議の度に欠席届を出すことになる。

 「議員は被雇用者と違う。1票によって採決結果が違う時にどう扱うかという問題もある」と苦言を呈するのは谷垣禎一幹事長だ。二階俊博総務会長は「(宮崎議員は)予算委員会に属している。そんなことまで持ち込まないでほしい。みんなに迷惑を掛けないように」と手厳しい。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです