メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
ニューイヤー駅伝

MHPS最後の調整 入賞目指す /長崎

レース本番に向け調整する選手たち

 元日に群馬県で開かれる「ニューイヤー駅伝 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)に、県勢のMHPS(三菱日立パワーシステムズ)長崎が出場する。レースを前に、選手たちは8位入賞を目指し最後の調整に余念がない。【今手麻衣】

 「若く、勢いがある」。黒木純監督(44)はチームの現状をこう評した。今年、新たに18〜23歳の若い4選手が加わり、練習のスピードや質が上がったという。黒木監督は本番のレース展開について「主力選手たちの前半の走りで勝負は決まる。まず流れを作り、後半いかに上位を保てるかだ」と話す。

 松村康平主将(29)は入社7年目で、昨年10月の韓国・仁川アジア大会の男子マラソンで銀メダルを獲得…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです