メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ハンセン病と生きた70年(その2止) 有事に弱者切り捨て

旧陸軍病院の桜は巨木に成長していた。藤田三四郎さんは水晶体の手術を受けており、屋外ではサングラスが欠かせない=宇都宮市内で

 <1面からつづく>

 ◆元ハンセン病患者、三四郎さんの戦後70年

生家の前、身を潜め

 藤田三四郎さん(89)との出会いは33年前、群馬県庁記者クラブで行われた「栗生楽泉園(くりうらくせんえん)患者50年史 風雪の紋」発刊の記者発表の席だった。患者自治会長の三四郎さんが56歳、前橋支局員の私が27歳の秋である。

 治療薬が普及してハンセン病が完治することは承知していたが、人権侵害を指摘されてきた隔離政策を柱に据…

この記事は有料記事です。

残り5044文字(全文5248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです