メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

想像超える生地作り テキスタイルこんまつ(愛知県一宮市)

 <ファッションの匠(たくみ)>

 綿のようにさらさらしたウール、ウールのような暖かみのある綿。テキスタイルこんまつ代表の谷口元紀さん(74)は、糸のより方や加工、織り方を指示することで、素材を選ばない独創性のある生地を作り出してきた。1980年代のDCブランドブームをけん引した有名デザイナーらに支持され、海外からの注文も多い。

 愛知県西部の一宮市周辺は尾州(びしゅう)と呼ばれ、世界でも指折りの毛織物産地として知られる。しかし、高価で季節が限定されるウールの需要は年々減り、尾州の毛織物生産量は現在、ピーク時の3割程度。そうした苦境を背景に生まれたのが谷口さんの生地だ。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです