メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『古代の日本と東アジアの新研究』 著者・上田正昭さん

 (藤原書店・3888円)

 第二次世界大戦のさなかに大学に入り、戦後の混乱期に卒業した。「臣民」として「天皇」と「皇国」に殉ずるべきだと教育された。敗戦とともに抱いた「天皇制とは何か」という疑問を解明しようと、古代史に本格的に取り組むようになった。「戦後70年はそのまま私の研究史に重なります」

 ここ3年ほどの間に学術誌などに発表した論文と書き下ろしで構成した。88歳にして81冊目の著書。「人生最後の論文集になるでしょう」。それでも随所に新視点を盛り込んだ。

 古代の王統の画期を改めて論じた。奈良盆地東南部を本拠とした初期の三輪王権の崇神(すじん)、垂仁(すいにん)天皇が「イリヒコ」と呼ばれたのは、九州にあった勢力が東に移ってこの地域に入ったことを反映していると、邪馬台国東遷説の立場を明確にした。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです