メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『古代の日本と東アジアの新研究』 著者・上田正昭さん

 (藤原書店・3888円)

 第二次世界大戦のさなかに大学に入り、戦後の混乱期に卒業した。「臣民」として「天皇」と「皇国」に殉ずるべきだと教育された。敗戦とともに抱いた「天皇制とは何か」という疑問を解明しようと、古代史に本格的に取り組むようになった。「戦後70年はそのまま私の研究史に重なります」

 ここ3年ほどの間に学術誌などに発表した論文と書き下ろしで構成した。88歳にして81冊目の著書。「人生最後の論文集になるでしょう」。それでも随所に新視点を盛り込んだ。

 古代の王統の画期を改めて論じた。奈良盆地東南部を本拠とした初期の三輪王権の崇神(すじん)、垂仁(すいにん)天皇が「イリヒコ」と呼ばれたのは、九州にあった勢力が東に移ってこの地域に入ったことを反映していると、邪馬台国東遷説の立場を明確にした。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです