メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可能性をさぐる』=松井孝典・著

 (NHK出版新書・842円)

 人のいさかいは「自分は特別な存在だ」と思いすぎるところから始まる。宇宙観の発展を思いやれば、太陽も地球も無二な存在ではなくなった。生命もその可能性がある。認識を大きく変えうるのが天文学だ。

 学際的な視点で多数の研究、著書のある惑星科学の第一人者の入門書。古代メソポタミアの暦から、探査機ニューホライズンズの冥王星到達、最新知見まで網羅した内容だ。

 「宇宙は一様で、特別な場所はない」という考え方がある。出発点は、地球も太陽を回る惑星の一つにすぎないとしたコペルニクスの地動説だ。著者が惑星科学の転換点として挙げる1960年代のアポロ計画と、95年の太陽系外の惑星発見。前者は惑星の研究が実地調査・検証も可能な科学になった点、後者は「コペルニクス的転換」の大きな発展になった点で重要という。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです