メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

土砂崩れ1週間 当局、批判回避に躍起、人災と断定

 【上海・林哲平】中国広東省深セン(しんせん)市の大規模な土砂崩れは27日、発生から1週間を迎える。70人以上の行方不明者の捜索が続く現場では26日、追悼式が開かれた。中国政府は安全管理上の事故とみなし、人災と断定。建設残土を大量に積み上げた業者に対する当局の対応を問題視する声が広がるなか、原因追究の姿勢を強調し、批判を和らげようとしている。

 25日の記者会見で、深セン市トップの馬興瑞・市共産党委員会書記は「住民の生命と財産に大きな損害を与…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです