まつげエクステ

規制逃れか…セルフ方式出回る 注意を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
講師の指示に従って人工毛を付ける記者(右)=大阪市内で、茶谷亮撮影
講師の指示に従って人工毛を付ける記者(右)=大阪市内で、茶谷亮撮影

 まつげに接着剤で人工毛を取り付ける「まつげエクステ」を巡り、客に有料で指導して自分で付けさせる「セルフ方式」が出回り始めている。まつげエクステは、健康被害が後を絶たず、施術には美容師免許が必要な行為。無免許業者の摘発が全国で相次いだため、美容師法の規制が及ばないセルフ方式が抜け道となっている可能性がある。セルフ方式による健康被害の報告はまだないが、国民生活センターは「重大事故につながる恐れがある。免許があり、熟練した技術を持つ専門店で施術を受けるべきだ」と注意を促す。【宮嶋梓帆】

 「コストパフォーマンスが良く両目で数百円」「美容師免許は必要ありません」。セルフ方式の店の宣伝文句だ。エクステはエクステンション(拡張)の略で、長いつけ毛の意味で使われる。毎日取り外すつけまつげと違い、専用の強力接着剤で人工毛を付ける韓国発祥の美容法だ。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1189文字)

あわせて読みたい

注目の特集