メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR函館線

旭川のトンネルで火災 鎮圧も復旧めど立たず

運休を知らせる掲示板を見る旅行客=JR札幌駅で2015年12月27日午前9時23分、小川祐希撮影

 27日午前5時ごろ、北海道旭川市のJR函館線伊納−近文間にある嵐山トンネルで、回送列車の運転士が架線から火花が出ているのを発見した。JR北海道によると天井部分のウレタンが燃えた。午前11時45分ごろに鎮圧したが復旧のめどは立っていない。深川−旭川間で運転を見合わせており、午後0時10分現在、札幌と旭川や稚内などを結ぶ特急62本を含む84本の運休が決まっている。

 JR北によると、このトンネル内では同日午前4時5分ごろ、架線の送電トラブルが発生し、自動的に送電が…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです