メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

七草がゆで無病息災の巻

セリ、ナズナ……全部言えますか? コツは短歌のリズムで

[PR]

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」です。七草を食べて1年の無病息災を願う日です。 春の七草、全部言えますか? 覚え方は「5・7・5・7・7」の短歌リズムで、「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ 春の七草」です。 ただ、食べる七草の種類は、地域や家庭で異なるようですね。ナズナだけは入れるとか、餅や小豆を入れたり、三重県ではヒジキなどの海藻を使います。
七草は健康に良いのでしょうか。 七草はいわば、日本のハーブ。しかも胃腸に優しいおかゆで食べます。濃い味のおせち料理などで疲れた胃腸を回復させるにはちょうど良いのです。 七草には、それぞれに意味や効能があります。 ①セリ:「競り勝つ」の意味。消化を助け、黄だんを無くします。 ②ナズナ:「なでて汚れを払う」の意味。視力、五臓に効果があります。 ③ゴギョウ:「御仏体」の意味。吐き気、たん、解熱に効果があります。 ④ハコベラ:「繁栄がはこびる」の意味。歯茎、排尿に良いとされます。 ⑤ホトケノザ:「仏の安座」の意味。歯痛に効くとされます。 ⑥スズナ:「神様を呼ぶ鈴」の意味。一般的には、「カブ」のことですね。消化を促進し、しもやけに効きます。 ⑦スズシロ:「汚れのない純白さ」の意味。大根です。胃健、せき止め、神経痛に良いとされます。
七草がゆはいつ頃から食べられているのでしょうか。 それは平安時代までさかのぼります。源氏物語や枕草子に、正月6日、翌日の七草のために若菜を摘むくだりがあります。ただ、今のような七草をおかゆにして1月7日に食べる習慣は江戸時代に広まりました。 ちなみに秋にも七草があります。全部言えますか? 覚え方は「おすきなふくは?」です。
秋の七草は「オミナエシ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、フジバカマ、クズ、ハギ」。その頭文字を取って「お好きな服は?」と覚えるのです ただし、秋の七草は食べるものではなく主に観賞用です。一部は漢方薬にも使われます。 2016年は、七草がゆを食べて健康で過ごせるように願いましょう。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです