メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長州飛耳長目

サル追放へGPS活用 被害地域を予想し対策 住民高齢化、追い払い困難 /山口

 サルの生息数が増加し、農作物への被害が拡大している。中山間地域の過疎化で森林や竹林が手入れされなくなり、畑や民家に近い場所にサルの隠れ場が増えたことが原因とされる。住民による追い払い活動や捕獲が行われている中、県は全地球測位システム(GPS)によるサル追放の実証実験に乗り出した。【松田栄二郎】

 昨年度の野生鳥獣による県内農作物の被害額は5億3700万円。このうちサルの被害は1億900万円で、イノシシ(2億3700万円)、シカ(1億1200万円)に次いで多かった。

 目撃などから推計する生息数も2005年は約1500頭だったが、今年は約2000〜4000頭と倍増。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです