メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 年末年始の生活は遠出をするなど普段と違うことが多くなり、子どもが事故に遭う危険の増す時期だ。国の人口動態統計(2014年)によると、「不慮の事故」で亡くなった0〜9歳は計293人で、0歳児の死因では4位、1〜4歳、5〜9歳の死因では2位となっている。転落ややけど、窒息などの事故を防ぐポイントや、子どもの安全に配慮した製品を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2149文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです