メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浅見光彦シリーズ

その漫画…背景画は受刑者の苦労作

受刑者を指導する苑場さん=山口県美祢市の美祢社会復帰促進センターで2015年12月17日午前10時36分、蓬田正志撮影

 山口県美祢(みね)市にある警備や職業訓練を民間委託している刑務所「美祢社会復帰促進センター」の男性受刑者約20人が背景を作画した漫画が、2015年11月下旬に発売された。法務省によると、受刑者が製作に関わった漫画の発刊は初めて。ボランティアで作画指導した美祢市出身の漫画家、苑場凌(そのば・りょう)さん(54)は「更生に役立てればうれしい」と喜び、今後も交流を続けるという。【蓬田正志】

 漫画は内田康夫さん原作の推理小説・浅見光彦シリーズ「汚れちまった道」のコミック版(税抜き574円、実業之日本社)。250ページの長編だ。

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 国民民主、分党へ 玉木代表が表明 立憲との合流巡り

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです