メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康相談

福岡でホームレスの相談に15年…今度は沖縄で

腫れ上がった足を引きずって来た男性(左)を処置し、病院の紹介状を準備する小宮医師(右)と妻の眞理子さん(右から2人目)=福岡市博多区で2015年12月22日午後3時32分、青木絵美撮影

 福岡県内でホームレスたちの健康相談を無料で15年間続けてきた精神科医、小宮豊さん(66)=福岡市南区=が、医師として新たな道に進むため、22日の健康相談で活動に区切りをつけた。重篤な人を救急搬送したり、紹介状を書いたりしながら、医療から遠ざかった人たちの命を支えた日々。最終日には、長年相談に乗ってもらってきた人たちが感謝を伝えた。

 健康相談の場としてきた福岡市博多区美野島の教会。22日、最初に訪れたのは、左足を引きずった67歳の…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです