フィギュア

14歳白岩優奈 世界ジュニア大輪の予感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子シングルで5位となった白岩優奈のフリーの演技=2015年12月27日、手塚耕一郎撮影
女子シングルで5位となった白岩優奈のフリーの演技=2015年12月27日、手塚耕一郎撮影

 27日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権女子で、今季ジュニアデビューした14歳の白岩優奈(ゆうな)=京都醍醐ク=が5位に入った。将来を期待される本田真凜(まりん)=大阪・関大中、13歳の青木祐奈(ゆな)=神奈川ク=と同じ中学2年生。来年3月の世界ジュニア選手権(ハンガリー・デブレツェン)の代表に決まり、さらなる飛躍を目指す。

 27日のフリーで観客を驚かせた。基礎点が1.1倍となる演技後半に高難度の3回転ルッツ−3回転トーループ−2回転ループの3連続ジャンプを決めた。演技冒頭ではルッツ−トーループの連続3回転ジャンプを着氷。前日のショートプログラム(SP)の直前練習で右足のかかとを痛めた影響も感じさせず、ほぼ完璧に勢いを切らすことなく滑りきった。124.41点の高得点に「うれしい」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文877文字)

あわせて読みたい

注目の特集