福島第1原発

廃炉作業員描く漫画「いちえふ」仏独伊などで出版へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
竜田一人さん(手前)の話を聞く、ステファン・ボジャン氏(左)とクリステル・ウーランス氏(中)=東京都内で2015年11月、石戸諭撮影
竜田一人さん(手前)の話を聞く、ステファン・ボジャン氏(左)とクリステル・ウーランス氏(中)=東京都内で2015年11月、石戸諭撮影

 福島第1原子力発電所の廃炉作業を担う現役作業員が描いたルポ漫画として、反響を呼んだ「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」(講談社)が海外で出版されることが決まった。フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、台湾の5カ国・地域で今後、順次刊行され、欧州では計約2万部の発行が予定されている。来春の東日本大震災5年を前に、原発事故と作業員の日常を描いた漫画は海外でどのように受け入れられるのだろうか。

 「いちえふ」は作者の竜田一人さん(50)が自身の体験をもとに、作業員の日常を淡々と描いたルポ漫画。週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で2013年秋から約2年間、不定期連載され、単行本は第3巻が今秋刊行された。発行部数は計35万部に達する。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文894文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集