メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縄文遺跡群

4道県、鷲ノ木など2遺跡除外 保全環境に問題 /北海道

 「北海道・北東北3県を中心とした縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を目指す北海道、青森、岩手、秋田の4道県は、18件で構成する遺跡群から森町の鷲ノ木(わしのき)遺跡と青森県八戸市の長七谷地(ちょうしちやち)貝塚を外すことを決めた。2遺跡の保全環境に問題があるためで、残る16件で新たな推薦書原案を作成し、来年3月までに文化庁に提出する。

 鷲ノ木遺跡は縄文時代後期(約4000年前)の遺跡。外周約35メートルと道内最大級の環状列石(ストー…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです