メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

夫婦別姓 最高裁認めず=野口由紀(京都支局)

夫の谷正友さん(左から2人目)ら家族と自宅の庭で育ったミカンを取る夫婦別姓訴訟原告の吉井美奈子さん(右端)。子供たちも姓を使い分けて暮らしている=京都府内で、久保玲撮影

個人尊重の制度、国会で

 夫婦別姓を認めない民法の規定は憲法に違反するかどうかが争われた訴訟で、最高裁大法廷は今月16日、「家族の呼称を一つに定めることに合理性がある」との考えに立ち、合憲との判断を示した。だが同時に、夫婦別姓を認めないことで生じる問題点も指摘。婚姻や家族制度を検討する上で立法が考慮すべき事項も示し、ボールを立法府に投げ返した。国会は合憲という結論だけでなく、判決に込められたメッセージを重く受け止め、議論を深めてほしい。

 東京、富山、京都の男女5人が東京地裁に訴訟を起こしたのは2011年2月。長年政治に期待しながらも裏…

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです