メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「中根」の目・データが語る 女性研究者採択比率1位 埼玉県立大

 「女性活躍推進法」が8月に成立するなど、政府は社会での女性の登用増に力を入れるが、うまくいっていない。では、大学ではどうか。科学研究費補助金(科研費)から、採択事業で女性研究者の比率が高い大学を見てみた。

 上位には医療・福祉系や教育系、デザイン系などの学部を持つ大学が並ぶ。トップの埼玉県立大は保健医療福祉学部のみの単科大。女子学生比率が高く全体の約8割、教員も159人中94人が女性と全体の約6割を占める。2位の武庫川女子大は文学部や薬学部、看護学部、生活環境学部など6学部を持ち、国内の女子大では最多の1万人の学生が学ぶ。

 東大や京大など科研費の採択件数1000件以上の大学を見ると、比率は軒並み10%台にとどまり、まだま…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです