メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

奈良の「お宝」発見し映像に 「なら国際映画祭」のワークショップ 同志社国際学院初等部が挑戦

奈良の街並みを歩きながら撮影のネタを集めた同志社国際学院初等部の子どもたち=奈良市で、三野雅弘撮影

 同志社国際学院初等部(京都府木津川市)の5年生が、奈良の街を歩いて映像制作するユニークなワークショップに取り組んでいます。指導するのは、映画監督の河瀬直美さんが理事長を務めるNPO法人「なら国際映画祭実行委員会」(奈良市)。河瀬さんは「たくさんの知らなかったことに気付き、その時の気持ちを映像や写真に込めてね」と話しています。【三野雅弘】

この記事は有料記事です。

残り2127文字(全文2297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです