メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道受注

日立、「母国」英で快進撃 世界展開へ着々

日立製作所初の海外車両工場「ニュートンエイクリフ工場」で製造が進む、英国各地を結ぶ都市間高速鉄道(IEP)の先頭車両=日立製作所提供

 日立製作所は、鉄道の発祥地である英国を足がかりに、世界展開を急速に進めている。世界の鉄道業界は「ビッグ3」と呼ばれる独シーメンス、仏アルストム、カナダ・ボンバルディアの世界大手3社に加え、規模では3社を上回る中国国有大手「中国中車」も海外進出を進めつつある。日立は、90年以上かけて培った日本流のもの作り技術を武器に、世界のライバルを猛追する構えだ。

 日立は、2004年にロンドンと英仏海峡トンネルを結ぶ高速鉄道174両を受注した。この際、納期を前倒しして半年も早い営業運転開始を実現させ、「納品遅れは日常茶飯事」とされてきた英国の鉄道業界関係者を驚かせた。その実績を足がかりに、12〜13年にはロンドンと北部、南西部を結ぶ都市間高速鉄道計画(IEP)で866両の大量受注に成功。14年には英北部スコットランドで通勤電車にも受注を広げ、英国での快進撃…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 広島の住宅で女性が胸など刺され死亡 県警が殺人事件とみて捜査

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです