イラク軍

ラマディほぼ制圧 IS、失地重ね陰り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ秋山信一】イラク政府軍などの連合部隊が過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にある西部アンバル県の県都ラマディ中心部を約7カ月ぶりにほぼ制圧した。ISはシリアでも失地を重ねており、組織の看板である領域支配に陰りが見える。劣勢の反動として、支配地域外で敵対国へのテロ攻撃を活発化させる可能性も指摘されている。

 イラクからの報道によると、政府側部隊は27日、ラマディ中心部でISが拠点にしていた行政庁舎周辺に進攻した。市内ではISの散発的な抵抗が続いているが、政府側の奪還作戦は最終段階に入った模様だ。

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1453文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集