メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族2016

「墓友」それぞれの事情 初対面でも連帯感

入棺体験を前に「人生観が変わるらしいわよ」と参加者に声を掛けるSSSの松原惇子代表=東京都内の斎場で2015年12月2日午後1時7分、池乗有衣撮影

 「ひとり」で生きる女性の老後を応援するNPO法人「SSS(スリーエス)ネットワーク」(松原惇子代表)が昨年12月、東京都内の斎場で会員同士が交流する忘年会を開き、併せて棺おけに入る「入棺体験イベント」を実施した。この日集まった女性たちは、死後、葬儀をせずに遺体を荼毘(だび)に付し、SSSの「女性のための共同墓」に入る「直葬(じきそう)プラン」の契約者だ。家族の墓があっても、あえて他人と眠る共同墓を選んだケースも。「入棺体験」と銘打つイベント名は一見重そうなイメージだが、あにはからんや現場は明るくにぎやかで、初対面のはずなのに「墓友」は連帯感さえ漂っていた。参加した約20人のうち首都圏に住む数人から、「わたしの事情」を教えてもらうと、家族の個人化の様相が垣間見えてきた。【池乗有衣】

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです