メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊岡・出石神社

破魔矢、絵馬、えとの置物…迎春へ準備着々 /兵庫

迎春準備の作業をする巫女たち=兵庫県豊岡市出石町宮内で、柴崎達矢撮影

 豊岡市出石町宮内の出石神社で、迎春準備が最盛期を迎えている。正月までに破魔矢、熊手、絵馬、えとの置物など約1万点を用意する。28日は、白衣緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)らがおみくじの札を木箱に入れたり、お守りの袋に印を押したりした。

 今年は、出石神社に古くから伝わる「猿面兜(えんめんかぶと)」を描いた巨大絵馬(横179…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです