メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

の・ボール

年末拡大版 脱原発社会、県が全力で 伊方再稼働、同意した知事の責任 /愛媛

佐伯勇人・四国電力社長(左)を前に、再稼働に対する事前協議了解と要望が書かれた文書を読み上げる中村知事=愛媛県庁で2015年10月26日、貝塚太一撮影

 明屋書店の小島俊一社長から先日、面白い話を聞いた。

 2年前の就任後、小島社長は県内外74店舗の照明をすべてLED化した。その結果、年間約2億3000万円(!)かかっていた電気代を、約6100万円カットできた。照明器具の年間レンタル代3000万円を除いた、3100万円が経費節減となった。

 その話に触発され、先日わが家の白熱電球をすべてLEDに替えた。導入費用は1万5000円ほど。蛍光灯の交換はもう少し費用がかかるので、まだ二の足を踏んでいる。

 中2の娘の授業参観の時は天井を見て思った。「県内の全学校をLED化したら、どれだけの電力と電気代が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです