メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャイナセンセーション

第1部 一帯一路の行方/1(その1) 原発協力、日本に打診 中国企業、輸出拡大狙い

 核兵器や原子力潜水艦の開発をかつて手がけた中国の原発メーカーが、日本の複数の大手電機メーカーの経営トップと極秘裏に接触し、原発輸出での協力を打診していたことが分かった。原発輸出を巡る中国の軍需企業と日本企業との水面下でのやり取りが明らかになった。【中国取材班】

経済界、関心と警戒

 11月13日、東京都文京区のホテル椿山荘東京。広い庭園を高台から見渡せる会議室に、日本と中国の政府高官OB、企業経営者ら約110人が集まった。中国から曽培炎(そうばいえん)元副首相、日本側からは福田康夫元首相や林幹雄経済産業相らが顔をそろえ、前日のレセプションには安倍晋三首相も飛び入りであいさつに訪れた。

 新たな日中交流の場として開かれた「日中企業家及び元政府高官対話(日中CEO等サミット)」。その中国…

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです