メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マネーウオッチング・インタビュー

日本証券業協会会長・稲野和利さん

日本証券業協会会長・稲野和利さん

 <金融経済最前線>

来年からジュニアNISA 世代間での資産移転に期待

 来年1月から、未成年者を対象とした少額投資非課税制度(ジュニアNISA)が始まる。日本証券業協会の稲野和利会長に、ジュニアNISAの意義やNISAの課題などについて聞いた。

 −−ジュニアNISAの意義は。

 ジュニアNISAは、未成年者の資産形成と同時に、世代間の資産移転につながるという二つの大きな意義があります。世代間の資産移転は、祖父母から孫へ、親から子へです。特に60歳以上の高齢者は金融資産の大半を保有しており、その世代から未成年者に資金が贈与され、ジュニアNISAを通して、金融資本市場にお金が投資されるようになれば、成長マネーの流通が促進されます。

 −−ジュニアNISAをどう普及させますか。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです